モテる秋のコーディネートは足元が大事

寒暖差の激しい秋って何を着るべき?

秋って、まだ一日の寒暖の差が激しくて、何を着ていいか迷いますよね。

私も毎年、いつニットを出そうかなぁって悩んでいるうちに冬になってしまって、ニット一枚で出歩く時期を逃してしまったりします。

大体秋は、薄めのニットか厚手のカットソーの上にジャケットかニットカーデを羽織り、ショートパンツかミニ丈フレアスカートを合わせています。

このコーディネートだと、大体女子受けも悪くないし、男子受けもすごくいいです。

でも、肝心なのは足元なんですよね。

まだ寒いって程の時期じゃないので、がっつりブーツを履いてしまうと気が早いねなんて言われてしまいます。

かといってレギンスやトレンカは男子受けがあんまりよくありません。

男子受けならニーハイソックス

実は、一番受けがいいのってニーハイソックスなんですよ。

ニーハイソックスにパンプスをあわせるのが一番女の子らしくて可愛いんだそうです。

ショーパンやミニスカだと、これはもう鉄板のコーディネートらしいですよ。

でも、ニーハイって足が太いと余計に肉がはみ出ちゃって太いのが目立ってしまいますよね。

そういうのが気になるなら、レギンスとかじゃなくてタイツを履いたほうが受けがいいみたいです。

ニーハイソックスも冬になると寒くてはけないので、秋の間に思いっきり楽しんでおけばいいですね。

メニュー

ページのトップへ戻る